資格をもった歯科医師・衛生士

資格をもった歯科医師・衛生士

ホワイトニングとは歯を白くやるめの行為の総称であって表面の汚れ落とし(クリーニング)も、漂白(ブリーチング)も、すべて「ホワイトニング」に含まれます。そのうちも歯を白く美しくするという点は同一ですけど、クリーニングが〈歯の表面〉の清掃や、歯石・歯垢の除去などを指すのに対して、ブリーチングは〈歯の組織内〉の色素を分解して色調改善する漂白・脱色を指します。次みたいに目的が大きくちがいますが、「ホワイトニング」というとすべての人がブリーチングをビジョンするのではないか?歯の漂白に当てる「過酸化水素」や「過酸化尿素」は劇物にあたるため、資格をもった歯科医師・衛生士にしか取り扱うことができない。ですから、歯の内部の漂白を目的としたホワイトニングをやりたい場合は、歯科医院でのオフィスホワイトニング施術を受けるか、歯科医院で処方されました薬剤を使用したホームホワイトニングを行うことになるのでしょう。これに対し、漂白を伴わないクリーニングは、必ずしも歯科医師や衛生士が施術を行う必要はないです。ただ、口の中を触る行為はやっぱり医師・衛生士にしか許されていませんので、歯科医院以外(医師と衛生士の在籍しないサロンなど)でのホワイトニングは〈セルフ施術形式のクリーニング〉ということになるんです。さらに、ホワイトニング効果を謳った歯磨き粉など、市販のケアアイテムもクリーニングにあたる。

トップへ戻る