汚れが歯に付着すること自体を予防

汚れが歯に付着すること自体を予防

せっかくホワイトニングをしても早々に着色するのであるそしたらちょっと思ってしまいましたとしてましていますよね。ホワイトニング後にどう対処してくるかも〈白さの続く期間〉を左右する重要なポイントになるのでしょう。ホワイトニング後は以下のことに気を付けて、効果をより長持ちさせましょう。ステイン(=着色汚れ)の原因となる飲食物というならば、コーヒー・お茶・ワインなどが思い浮かぶ方が多くなったのですないか。他にも、色の強い食品や飲み物は着色成分が多く含まれているのです。これのものを摂取した後、汚れがこびりつく前に早々に落とすことは《色戻りの防止》に有効です。飲食の直後や、タバコを吸った後などにもお水で口をゆすぐ習慣をつけましょう。汚れが歯に付着すること自体を予防するトリートメント剤やコーティング剤の利用も白さの持続に役に立ちます。「分割ポリリン酸」配合のホワイトニング剤やトリートメント剤には、歯の表面に着色汚れを付着させにくくする働きがあるのです。さらに歯質を強化する働きがあるので、色戻りだけでではなく、虫歯・歯周病、知覚過敏の予防ができる。

トップへ戻る