個人で使用ができるよう低濃度の薬剤を使用

個人で使用ができるよう低濃度の薬剤を使用

一度歯科医院でマウスピースの作成と薬剤の処方を受ければ、ぼくのタイミングでいつまでも出来ることがメリットです。ですから仕事などが忙しくて歯医者さんに通えないという人に注目があるのです。さらに、オフィスホワイトニングと比べて色素の分解が細かくなるため、色戻りまでの期間が長い(=色持ちが良い)と言う点がメリットの1つです。のんびり時間を掛けて白くするだけで、歯の表面荒れもとどめるってことができ、透明感のある自然な仕上がりになるのでしょう。マウスピースの装着時間は1日1回30分から長いもので就寝中ずっとなど様々なんですが(※1)、白さに満足するまでは毎日使用することの方が勧められており、自分で行うのが面倒な人には厳しかもしれません。さらにホームホワイトニングをした直後は飲食物の色を吸収しやすい時間があって、白以外の色の付いた飲食物・タバコなどは数十分から数時間我慢する必要(飲食制限)があげられます。また、歯科医師の手を使わず個人で使用が出来るよう低濃度の薬剤を使用するため、オフィスホワイトニングに比べると1回の装着時間が長く、白くなるまでに掛かる期間も長くなる傾向にあげられます。

トップへ戻る